誕生石

「誕生石」をご存じですか。
夫人のかたの多くはご存じでしょうが、ダディーの場合はわからないかたも多いかもしれません。
誕生石と申しますのは、生まれた月ごとに割り当てられた宝石のことをいいます。
例えば、徐々に夏ところが7月額はルビー、8月額はペリドットというように12カ月分け前割り当てられていらっしゃる。
特典に悩んだ時折、誕生石にあたる宝石をプレゼントするなど知っているとなにかと便利です。
7月額がお誕生日のかたには、ルビーのピアスやネックレスなど可愛らしくて良いですね。
さて、こういう誕生石、いつ頃、いつの国の何方を通じて定められた雑貨なのでしょう。
誕生石をご存じであっても、そこまでご存じのかたは安いことでしょう。
宝石などの石がお好きなかたは、トリビア程に覚えておくと良いですよ。
年数における筆記におきましては、誕生石の幕開けは2つあります。
現在でも普及している誕生石に繋がる幕開けとしては、18世紀ところのポーランドであったと言われています。
ポーランドの宝石商が生み出したそうです。
もうひとつは、旧約バイブルの時までさかのぼります。
ユダヤ教の量僧侶が、12個の宝石が縫い塗り付けられた頭デコをつけていたことから始まったと言われています。
何月額はどの宝石という取り決めは、依然としてなかったようですね。
月ごとに宝石が割り当てられたのはポーランドのお客で、序盤、各宝石商を通じて月ごとの宝石はさまざまに異なっていたのですが、なんとも経ってから誕生石はグルーピングした方がいいのではないかという往来が始まったのです。
そうして1912年代になり、米国で開催されました「米国宝石組合ビッグイベント」におきまして、なんとか月ごとの誕生石が統一されたのです。
とはいえ、後日、ナショナリズムにおいて誕生石に定められた宝石は、多少の格差を見せていらっしゃる。
やはり我が国でも、誕生石は設定されていますが、最も海外のナショナリズムという多少の違いが見られます。
ひとまず、プレゼントする時折、お目当ての世の中に合わせた誕生石を調べたほうが、グングン常識ということになりますね。