早く聞く

速聴は、声を普通より速い速度で聞ける力量監修の方法の一つだ。速聴機を通じて行なうのですが、普通より速いスピードで声を聞けるようになれば、脳が強力化されますから、そのことによって、物覚えパワーもアップしますし、体得パワーや、胆力なども、知らず知らずにアップすると言われています。手っ取り早い声を訊くので脳を刺激すれば、脳神経細胞が活発にコネクションをつないでいくからだ。
早い声を訊くは、脳神経細胞は、その速度によって体得しようとして、シナプス接合という、コミュニケーションに欠かせないコネクションを、ずいぶん強くしていきます。とことん「あのドラマに出ていたあのアクトレスくん・・・」と言って思い出せない第三者がいますが、これはシナプス接合が、かけていると言ってもいいと思います。シナプツ接合が活発に動けば、それほど脳の使途もスピーティーに動くことになります。そのためには、脳に刺激を適度に授けるのがいいのですが、速聴させるため、脳に刺激が伝わって、知識を処理する早さがアップして、俗にいうサロンの、胸中の周期がすばやいという状態になるのです。
速聴は脳を活発に切り回す方法としては、全然効果的な方法で、テンポの手っ取り早いコピーで話しかけられるといった、その組み立てを一概に聴き取り去るためには、とっても集中して耳を傾けなければいけません。このことを通じて、学習を続けていけば、聞いたものをすぐに胸中で理解できて、力量監修に罹るのです。